熱海市伊豆山の土石流災害 所在不明者を20人から113人に上方修正

熱海市伊豆山(いずさん)地区で7月3日午前10時半ごろに起きた土石流災害は3日目を迎え、生死を分けるタイムリミットとされる「72時間」が刻々と迫っている。人命救助を最優先に進める熱海市は5日朝、これまで「約20人」としてきた安否不明者数をいったん白紙に戻し、住民票に記載さていた被害家屋130棟に住む215人に安否確認を行い、確認できていない113人を「居場所が分からない人」とし、捜索の対象者とした。その後、避難所の名簿の照合などを行った結果、新たに49人の生存が確認されたとし、県がまだ連絡がつかない人は64人と発表した。
県は所在の確認を急ぐため、連絡がつかない被害家屋の住民の氏名を5日夜、公表する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る