熱海市伊豆山の土石流災害 所在不明者を20人から113人に上方修正

熱海市伊豆山(いずさん)地区で7月3日午前10時半ごろに起きた土石流災害は3日目を迎え、生死を分けるタイムリミットとされる「72時間」が刻々と迫っている。人命救助を最優先に進める熱海市は5日朝、これまで「約20人」としてきた安否不明者数をいったん白紙に戻し、住民票に記載さていた被害家屋130棟に住む215人に安否確認を行い、確認できていない113人を「居場所が分からない人」とし、捜索の対象者とした。その後、避難所の名簿の照合などを行った結果、新たに49人の生存が確認されたとし、県がまだ連絡がつかない人は64人と発表した。
県は所在の確認を急ぐため、連絡がつかない被害家屋の住民の氏名を5日夜、公表する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る