先祖供養とコロナ収束願い 「灯篭流し」熱海・長浜海岸に300基

コロナが終息しますように! 熱海市の長浜海岸で8月16日夜、灯籠流しが行われ、先祖供養などの願いを込めた約300基が境内の多賀湾に浮かべられ、幻想的な光を放った。
朝から降り続いた雨も上がり、伝統行事「百八体流灯祭」の前に開催した。多賀観光協会が赤、黄、緑、青、灰色の風よけ和紙が付けられた灯ろう(1組1000円)を用意し、地元住人や観光客が買い求めたり、持ち込んだりして海に流した。灯ろうにそれぞれ供養の言葉や「コロナ収束」などの願い事を書いて祈りをささげた。


多賀湾一帯に淡い光がゆるやかに揺れると、訪れた約500人が手を合わせ、先祖の魂を弔った。灯ろうは水で溶ける素材でできており、環境にも配慮している。
例年は中野海岸、下多賀・池田港でも行われるが、天候事情などを考慮し、中野海岸で予定していた灯籠は長浜で一緒に流した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る