お酒の提供、営業時間の制限解除で夜の熱海ににぎわい ジャズライブも再開

新型コロナウイルス感染拡大の拡大で緊急事態宣言が全国的に解除されて初の週末を迎えた10月2日、熱海市内の飲食店も営業時間や酒類提供の制限が取り消され、お酒や料理を楽しむ人でにぎわった。
咲見町の立ち飲みバー「Taketomi」では、2カ月ぶりに「無料の投げ銭ライブ」を開き、東京、神奈川などのライブハウスで活動する川久保典彦さん(ピアノ)と 西田健太郎さん (バイオリン)が「オータム•ジャズ」の名曲などを披露した。多くは地元の客で旬の秋刀魚の塩焼きなど秋の食材を味わいながら、生の演奏を楽しんだ。
しかし、解除後の熱海には目立った混雑はなく、とりわけ前週に比べて日帰りの若者の観光客が減少。飲酒店や土産物店から不安の声が上がっている。都内や神奈川で酒の提供が再開され、これまで若者旅行者の「受け皿」となっていた熱海市の需要が低下したのが要因と見られる。
都内の繁華街、東京ディズニーランド、横浜中華街(横浜市中区)などは、家族連れや若者のカップルらで混雑する一方、大型テーマパークを有さない市内の宿泊予約は、期待するほど伸びていないという。
昨年の秋の観光シーズンは、政府の観光支援策「Go To トラベル」の下支えがあったが、新型コロナウイルスの影響で停止中。市内の飲食店や宿泊施設は、感染対策をとりながら、それぞれ知恵を絞った企画を立案し、にぎわいの回復に努めている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る