熱海海上花火大会 隣県版GoToトラベル停止で観客減少

今年2度目の熱海海上花火大会(熱海温泉ホテル旅館協同組合連合会主催)が1月15日、熱海湾で開かれ、約3千発の大輪が熱海の夜空を彩った。全国的に新型コロナウイルス感染が急拡大しているため、土曜日の開催にもかかわらず、観衆は2千人(主催者発表)だった。
変異株「オミクロン株」による感染が全国に広がり、静岡県は旅行換気策の隣県版GoToトラベル「今こそ しずおか 元気旅Ⅱ」の再開中止を12日に決めた。「元気旅Ⅱ」の内容はワクチン2回接種、またはPCR陰性を条件に宿泊•旅行者に「宿泊費上限5千円割引&最大2千円分の地域クーポンの付与。対象を神奈川•愛知・山梨・長野とし、1月11日から1月31日まで実施予定だったが、わずか1日で手仕舞い。期待していた分、観光関係者のショックは大きい。
政府はコロナ対策を見直し、「ワクチン・検査パッケージ」により、接種歴などを基に感染拡大時でも行動制限を緩和する方針で、若者の旅行者は引き続き堅調だが、「第6波」が確実となり、市の最大イベント「熱海梅園梅まつり」にも影響が出ている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る