尾崎紅葉の功績に感謝 文豪の筆塚に玉串捧げ、熱海のオミクロン株収束祈願

明治の文豪尾崎紅葉が生前に愛用した筆をまつる「筆塚」がある熱海市春日町の湯宿一番地(旧志ほみや旅館)玄関前で1月17日、筆塚祭が開かれた。来宮神社・雨宮盛克宮司の神事を執り行い、駅前3商店街の代表、田原5町内会の町内会長らが玉串を捧げ、遺徳をしのんだ。


同旅館社長で保存会の榛葉公孝会長は「熱海は毎日たくさんの客様で賑わっているが、オミクロン株の感染拡大で予断を許せない。困難を乗り越えて熱海温泉のにぎわいを取り戻すとともに、尾崎紅葉の功績を後世に伝えていきたい」と述べ、名作「金色夜叉」を通じて観光地熱海の飛躍のきっかけをつくった紅葉に感謝した。
今年は筆塚の脇に植わる八重寒紅が満開となり、伝統行事を彩った。
(熱海ネット新聞)
■主催 筆塚保存会(東田原町、田原町、田原本町、桃山台町、桃山町の5町内会)で構成。昭和28年に始まり、今年で69回目。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る