熱海市の新規コロナ感染、過去最多の12人 累計では326人

静岡県と熱海市は1月18日、熱海市で12人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。市の1日当たりの新規感染者は、これまで昨年9月3日と今年1月15日の10人が最多だったが、これを更新した。市関連の累計の感染者は326人となった。
変異株・オミクロン株かどうかも含め、詳細は今後、静岡県のホームページで公表される。
この日の県内での新たな新規感染者は602人。1日の感染者が600人台となるのは、去年8月28日以来。川勝知事は臨時の記者会見を開き、「この状況が続けば来週にもまん延防止等重点措置を要請することになる」と述べ、要請を回避するために感染への厳重警戒を呼びかけた。
全国の感染者数は初めて3万2000人を超え、オミクロン株による感染拡大が進んでいる。
(熱海ネット新聞)
■県内の新たな新規感染者=1月18日
浜松市149人、静岡市108人、磐田市46人、沼津市40人、御殿場市25人、富士市24人、藤枝市23人、伊東市18人、富士宮市18人、長泉町17人、焼津市17人、湖西市16人、掛川市13人、熱海市12人、島田市12人、袋井市12人、三島市11人、伊豆の国市7人、裾野市6人、吉田町6人、伊豆市5人、牧之原市4人、清水町4人、御前崎市3人、菊川市3人、函南町3人、小山町3人、東伊豆町2人、森町2人、河津町1人、県外6人

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る