海蔵寺で87回忌法要、熱海ゆかりの文豪坪内逍遥しのぶ 熱海市と熱海稲門会

晩年を熱海で過ごした文豪坪内逍遥(1859年〜1935年)の功績をしのぶ法要が命日にあたる2月28日、熱海市水口町の海蔵寺で営まれ、早大関係者や熱海稲門会会員らが参列した。
法要は毎年、同日起雲閣で行う「逍遥忌記念祭」(熱海市、熱海稲門会など主催)の後に同寺で営まれる。コロナ禍で迎えた87回忌は規模を縮小し、法要だけを行い、馬場峰俊住職が読経を捧げ、参列者が墓石の前に立ち、手を合わせて焼香した。
逍遥は亡くなるまでの23年間を熱海で過ごし、熱海市歌を作詞したほか、熱海図書館設立に尽力し、自身の蔵書約3600冊を寄贈した。

齋藤栄市長は「先生が愛した常春熱海を人々の心を癒すまち、文化の香りの高い街として大切にしていきたい」。熱海稲門会の森田金清会長は「長引くコロナの影響で観光地熱海がどの方向に進むのが正しいか未だ見出せないが、先生の教えをしっかりつないで温泉文化都市として熱海を再構築したい」。ともに威徳をしのび、熱海の繁栄を願った。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る