今月末から長浜海岸の埋め立て工事開始 伊豆山土石流の土砂活用

熱海市は3月11日の市議会観光建設公営企業委員会で、下多賀の長浜海岸(多賀地区南工区)の埋め立て工事について、今月末から着手し、来年2月までに完了する見通しを明らかにした。昨年7月の伊豆山土石流で堆積した土砂を処分して活用するもので当初は今年2月〜6月を想定していたが、土砂の海洋流出を防ぐ施工に時間を要するため、延期していた。https://i1.wp.com/atamii.jp/wp-content/uploads/2022/01/368B7FBD-0436-4A62-BC4B-76AB358DDB74.jpeg?ssl=1

埋め立て工事は、長浜海浜公園の中央突堤から伊東方面に380メートルの旧長浜海岸の区間。面積は約1万1千立方メートル。今月末から草刈りなどを行い、9月〜12月に1日あたり約80台のダンプで約400m3を搬入する。当初は土砂流出を防ぐための綱矢板の設置と土砂搬入を並行して実施する予定だったが、流出対策を徹底させるため、綱矢板の設置を先に行う。津波対策の護岸整備は今年5月から2025年までを見込み、埋め立て部分に覆土、緑化などは今年10月から行う予定。
市と県はこの埋立地を緑地公園に整備する方針。土石流で流出した土砂からは土壌汚染対策法の基準を上回るフッ素が検出されているが、市と県は海の埋め立てには問題がない数値としている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る