来宮神社例大祭、3年ぶりに御神幸行列 御鳳輦は「浜降り神事」

来宮神社例大祭は7月16日、御神幸行列を3年ぶりに正規の全ルートで行った。宮出し後、神社役員や祭典委員、御神女の青木晴愛さん(6)、浦安の舞姫の新居詩子さん(13)と河村あいこさん、本年度の御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和志會(れいわこころかい)」の会員らが湯前神社、熱海駅、御旅所の渚親水公園など市街を巡行した。

この間「令和志會(れいわこころかい)」は、熱海サンビーチで「浜降り神事」を挙行した。雨が降るなか、菊地兼吾会長をはじめ白丁に身を包んだ32人の厄年の男衆が「みょうねん(妙念)、みょうねん」と声を上げながら御鳳輦を担いで海に入り、天狗がこがしをまく中、歩みを進め、身を清めて厄を落とした。

同神社の神々がこの海に到着したという故事ならって催される「浜降り」は、例大祭の最終日に執り行う100年以上続く伝統行事。麦こがしをまく天狗の姿をした「猿田彦命」の先導で、白丁に身を包んだ数え42歳の男たちが来宮の神々を乗せた御鳳輦を担ぎ、熱海の街の繁栄と疫病退散を祈って海中を練り歩いた。

同會は15日の「こがし祭り山車コンクール」にも訪れ、東海岸町に特設されだ審査会上前に陣取り、天狗に扮した会員が、「モォー」という掛け声とともに麦こがしを放つなどして各町内の山車を応援。熱海の夏の最大イベントを盛り上げた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る