熱海市、職員を懲戒処分 上司の決済印持ち出し無断で押印 停職3カ月 

熱海市は7月22日、上司の決裁印を無断で持ち出して書類に押印するなどの不適切な事務処理をしたなどとして、観光建設部の男性主任(44)を同日付で停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。
市によると、この職員は昨年度末、当時在籍していた市民生活部で、事務処理の遅れを上司の室長にとがめられることを恐れ、室長の休暇中に決裁印を無断で持ち出して書類に押印。また課長が出勤しているにも関わらず、課長欄に室長の印を押印し、代決扱いとして書類を回し付けた。
ほかにも、人事異動の際、自分の机の中に放置していた過去の決裁文書を適切な保管や事務処理を行わず、ごみとして廃棄しようとした。ごみは回収し、文書の紛失及び情報漏洩はないという。他市町への通知事務を怠ったりするなどの不適切行為もあった。

齋藤栄市長は「伊豆山土石流災害からの復旧•復興、新型コロナウイルス感染症への対応で職員が一つになって取り組まなければならない時期に、このような不祥事で市民の信頼を裏切り誠に申し訳ない。当時の管理監督者に対し、訓告、厳重処分も行なった。今後も信頼回復に向けて最大限努力する」とコメントした。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る