齋藤栄氏、5選出馬表明 9月11日投開票の熱海市長選

熱海市の齋藤栄市長(59)は7月29日、任期満了に伴う市長選(9月4日告示、11日投開票)に、5選を目指して出馬することを表明した。熱海市役所で取材陣の質問に「出馬します。伊豆山土石流災害の復興とコロナ感染の収束、熱海型DMOと観光財源を構築する熱海2030ビジョンに向けて責任を持ってやりたい」と明確に答えた。
これまで立候補の態度を明らかにしてこなかったことについては、伊豆山土石流災害で多くの人の生命と財産を守れなかったことに責任を感じ、「自分が出馬するのは不適切ではないか、と自問が続いたから」と説明。支援者や市民から続投要望が多く寄せられ、決断した。
齋藤氏は東京都出身。旧国土庁職員。藤末健三元参議院議員秘書などを経て2006年の熱海市長選に初当選し、現在4期目。市長選には市議の泉明寺みずほ氏(51)が出馬を表明している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る