熱海市長選 現職・齋藤栄氏陣営が事務所開き、100人結束誓う

任期満了に伴う熱海市長選(9月4日告示、11日投開票)で立候補を予定している無所属の現職・齋藤栄氏(59)の事務所開きが8月20日、熱海市清水町であり、支持者ら約100人が齋藤氏の5選に向け、結束することを誓った。
来宮神社・雨宮盛克宮司が必勝祈願の祝詞をあげ、齋藤氏夫妻、富岡篤美後援会長、越村修市議会議長、須田哲義選対本部長らが玉串を捧げた。
齋藤氏は、4期目の2年目に拡大した新型コロナウイルス禍、3年目に起こった伊豆山土石流災害を踏まえ、「これらの対応を優先しなければならず、4期目の公約に掲げた『熱海2030ビジョン』推進、宿泊税の導入は道半ばとなった。これを果たすために(5期目の)立候補を決意した」と出馬理由を述べ、「土石流災害は私の任期中のことであり、伊豆山の復興と私の使命であり、責務。過去に経験したことのない困難を乗り越え、熱海の新たな発展に全力を注ぐ」と決意を語った。
富岡会長は「伊豆山の災害復興、感染症による景気回復には、齋藤市長のもと、市民が一体になることが大切」と支援を呼びかけた。
(熱海ネット新聞)
■熱海2030ビジョン 経済と持続的発展と豊かな市民の暮らしを実現できる温泉観光地の全国モデルづくり。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る