燃える炎に無病息災などを願う 熱海・大縄海岸で「どんどん焼き」

新しい年の無病息災や家内安全を祈願する「どんどん焼き」が1月15日早朝、南熱海の4地区で開催された。 このうち、和田木地区はJR網代駅に近い大縄海岸で行い、川口健市議など地域住民らが見守る中、多賀小学校4年の柴田晃佑君と平井作空君が点火した。
どんどん焼きは、竹などを使って組み立てられた高さ約20メートルのおんべに正月に各家庭で使った門松やしめ縄、だるまなどを燃やす熱海の伝統行事。「パチパチ」「ポン」と音を立てて燃え上がる火に焼いた餅を食べると風邪をひかないとされている。
今年は埋め立て工事の影響で下多賀と中野地区は長浜海岸で合同で開催。上多賀地区は例年通り、午前6時半から長浜ビーチで実施した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る