紅梅と白梅のコントラストが美しい 「梅まつり」熱海梅園 

3連休最終日の1月9日、「梅まつり」開催中の熱海梅園は一足早い春の息吹を楽しもうと大勢の観梅客でにぎわった。園内には早咲きから遅咲きの梅まで60品種・469本が植えられており、順次、色とりどりの梅の花を楽しめる。今週は白い一重野梅(ひとえやばい)が咲き出し、紅梅とのコントラストを写真に収めていた。
期間中(〜3月5日)の日・祝日には各種イベントが開かれ、この日は熱芸妓衆が舞を披露し、来園者をもてなした。
市公園緑地課によると、年末年始に日ごとの寒暖差があったため、梅の開花は例年以上に早く、2月上頃には見頃を迎える。熱海市では、あたみ桜が並ぶ糸川遊歩道でも、「桜まつり」が2月5日まで開催中。日本一早い梅と桜の共演が始まった。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る