【市議会】熱海市のふるさと納税、昨年度423万円 箱根町の100分の1以下

熱海市の昨年度の「ふるさと納税」の寄付金が、箱根町の100分の1以下であることが分かった。平成25年度が291万円(70件)、同26年度が429万円(124件)、同27年度が423万円(131件)。12日の一般質問で川口健議員の「本市の過去3年間のふるさと納税の寄付金と件数は」の質問に市当局が答えた。
市は平成20年より1万円以上の寄付者に対し、市が選定した特産品(アジの干物、網代いかめんち、熱海梅干しなど)を贈ってきたが、27年度より「熱海ブランド特産品詰め合わせセット数点から寄付者に選定してもらう」スタイルに変更。10万円以上の寄付者については、「特産品詰め合わせセット」に加えて熱海温泉ホテル旅館協同組合の協力で加盟店で利用できる「熱海温泉宿泊補助券(2万円分)」を謝礼品で贈っている。しかし、他市町が順調にふるさと納税額を伸ばしている中、熱海市は伸び悩んでいる。
「年間300万人が宿泊する熱海市を考えれば、ひとケタもふたケタも違うのではないか。どこに問題があるのか」の問いかけに、杉山勝経営企画部長は「近隣の箱根町は昨年9月に専用のポータルサイトを立ち上げるなどして、昨年12月だけで3億円を突破した。熱海市もふるさと納税専用サイトやインターネット経由のクレジット決済、宿泊できる返礼品の充実を図るなど充実を図りたい」と述べた。
箱根町は昨年9月から12月までの4カ月間で寄付金が5億2千万を超えたという。

%e8%bf%94%e7%a4%bc%e5%93%81

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る