【経済】大江戸温泉物語が「ホテル水葉亭」取得、来春営業を再開

img_5695ss-1
首都圏を中心に宿泊施設や温泉施設を運営する「大江戸温泉物語」(本社・東京都中央区)は12日、8月末で営業を終了した熱海市伊豆山の「ホテル水葉亭」を取得したと発表した。老朽化や耐震性の問題から65年の歴史に幕を下ろしたが、大江戸温泉物語が耐震や大浴場の改修、バイキング形式の会場新設などの工事を行い、来年のゴールデンウィーク前に営業を始める予定。水葉亭の名前はそのまま残す。
大江戸温泉物語は北海道を除く全国各地で33の温泉宿と温泉テーマパークを所有。熱海市では、第1号館として2012年4月に「大江戸温泉物語 あたみ」(市内咲見町、旧南明ホテル)が営業を開始しており、2施設目。伊東、伊豆市土肥でも宿泊施設を運営しており、県内では4軒目となる。
◆ホテル水葉亭 1951年設立の老舗ホテル。目の前に相模湾が広がる絶好のロケーションと、関東随一の広さを誇る大浴場が特徴。熱海市伊豆山190-1。地上11階建て64室。
izuyama suiyou
hanabi
d18653-23-494536-2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る