【編集室】秋本番、熱海の上空に「うろこ雲」 今年もあと2カ月

%ef%bc%91

11月入りした1日午後、真っ青に澄み渡る熱海市の空で小さな雲が魚の鱗のような形にいくつも分かれている「うろこ雲」が観測された。秋の季語として、短歌や俳句にも読まれおり、どこか懐かしい秋景色。巻積雲(けんせきうん)の一種で、形や見え方によって、「いわし雲」「さば雲」に名前が変化する。
日中は晴れていても朝晩が急に冷え込むこの季節。寒くなった時に、放射冷却現象が起き、この大きな寒暖差によってうろこ雲が作られるという。
ちょっと前まであんなに暑かったのに…。天高く馬肥ゆる秋、今年もあと2カ月。
(熱海ネット新聞)

%ef%bc%92 %ef%bc%94

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る