【編集室】秋本番、熱海の上空に「うろこ雲」 今年もあと2カ月

%ef%bc%91

11月入りした1日午後、真っ青に澄み渡る熱海市の空で小さな雲が魚の鱗のような形にいくつも分かれている「うろこ雲」が観測された。秋の季語として、短歌や俳句にも読まれおり、どこか懐かしい秋景色。巻積雲(けんせきうん)の一種で、形や見え方によって、「いわし雲」「さば雲」に名前が変化する。
日中は晴れていても朝晩が急に冷え込むこの季節。寒くなった時に、放射冷却現象が起き、この大きな寒暖差によってうろこ雲が作られるという。
ちょっと前まであんなに暑かったのに…。天高く馬肥ゆる秋、今年もあと2カ月。
(熱海ネット新聞)

%ef%bc%92 %ef%bc%94

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  2. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
  3. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  4. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
ページ上部へ戻る