【市政】熱海駅前足湯「家康の湯」 ゆず湯で体ぽかぽか

 12月21日は一年で昼が最も短い「冬至」。熱海駅前足湯「家康の湯」では、15キロほどのゆずを用意して足湯に浮かべ、「ゆず湯」のサービスが行われた。この日にゆず湯に漬かると風邪をひかないといわれ、訪れた人たちは、甘酸っぱいゆずの香りを楽しみながら、ぽっかぽかに体を温めた。
ゆずの成分が血行を促進するため、観光客や市民にじっくり心身ともに温まってもらおうと、日本一の温泉観光都市を目指す熱海市が初めて企画した。24、25日にはクリスマスに合わせバラの花を100本ずつ浮かべ、聖夜に花を添える。時間はゆず湯、バラ湯とも午前10時から午後4時。





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る