【伊豆山神社】古儀にのっとり鎮火祭、今年1年の無火災を祈る 


伊豆山神社で1月15日、伝統行事「鎮火祭(ひしずめのまつり)」が厳かに執り行われた。熱海市消防本部、消防団、伊豆山纏(まとい)会、地元町内会など約40人が参列し、今年一年火災が起きないように願った。神事に続いて「火鎮めの儀」があり、原口尚文宮司が神前から移した火でまきに火を付けると音を立てて燃え上がった。参列者は焚かれた炎を前に祝詞を聞き、安全を祈願。火が小さくなると宮司が古儀にのっとり水、塩を混ぜた砂、海藻を順にかけて火を消し、火伏せと魔除けを祈願した。
◆火鎮めの儀 伊豆山神社の祭神「正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさやあかつかつはやひあめのおしほみみのみこと)」が、火と水をつかさどる神であることから、毎年1月15日に行う同神社の伝統行事。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る