【熱海梅園】「梅まつり」入場者は19万3345人 有料は3万4817人増

1月7日に始まった「第73回熱海梅園梅じまつり」が3月5日、全日程を終了し閉幕した。期間中に訪れた入場者はトータルで19万3345人で前年を3187人上回った。このうち有料期間(1月7日~2月26日)の入場者は17万7604人で、こちらは3万4817人の大幅増。最終日は中央広場で「腹話術の会☆きずな」の腹話術やミス熱海の撮影会、甘酒無料サービスなどがあり、天候にも目まれ、2956人が訪れた。
斉藤栄市長夫妻も訪れ、期間中、来園者の案内やケアに努めた熱海まち歩きガイドの会をねぎらった。
園内に59種472本ある梅のうち、まだ咲いていないのは「開運」の2本だけ。遅咲き梅はまだ見頃が続いており、しばらくは楽しめる。
◆梅まつり入場者
・2016年(1月7日~3月5日)19万3345人=有料入場者17万7605人(1月7日~2月26日)
・2016年(1月9日~3月6日)19万158人=有料入場者14万2788人(1月23日~2月28日)
・2015年(1月10日~3月8日)20万6628人=有料入場者18万3411人(1月26日~3月8日)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る