【観光】本番待ちきれず、シャクナゲ「プレジデントルーズベルト」全開


4月29日から始まる「花まつり」を前に姫の沢公園でストローベリーレッドの「プレジデントルーズベルト」や、淡い白、ピンク色のシャクナゲが競うように咲き、来園者の目を引き付けている。シャクナゲ園やスイレン周辺に約500株が植栽されており、トウゴクミツバツツジやムスカリも見頃を迎えている。4月下旬には約6万株のツツジが見頃を迎え、5月の最盛期にはツツジ山の斜面に「ヒメノサワ」の花文字が浮かび上がる。早くも百花繚乱-。
「花まつり」は、公園を管理する熱海市振興公社が毎春開催。広場上空にはコイノボリが泳ぎ、園内スタンプラリー、楽焼体験、熱海囃子笛怜会の演奏、YAMATOさんのステージライブ。今年は人気のボルダリング(フリークライミング)などが予定されている。
写真=4月20日撮影(熱海ネット新聞)
問い合せ☎0557-83-5301姫の沢公園施設事務所


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る