【文化】14日に常陸宮ご夫妻迎え、熱海で「野鳥保護のつどい」

第71回愛鳥週間にちなんだ「全国野鳥保護のつどい」が5月14日、熱海市のホテル・ニューアカオで開かれる。記念式典には日本鳥類保護連盟総裁の常陸宮(ひたちのみや)殿下と同妃殿下の華子(はなこ)さまがご出席。行政や自然保護の関係者、一般市民が参加して、人と野鳥が共生できる豊かな自然を守ろうとアピールする。野生生物保護功労者に日本鳥類保護連盟総裁賞、環境大臣賞などが授与される。両殿下は錦ヶ浦で野鳥、ジオパークをご観察になる。MOA美術館の視察も予定されている。
皇族方の公式な熱海ご訪問は、2004年4月に開催された「熱海花の博覧会」の高円宮(たかまどのみや)妃久子さま以来13年ぶり。住まうまち熱海は野鳥たちにも人気―。
◆主催 環境省、静岡県、熱海市、日本鳥類保護連盟
◆特別公開 MOA美術館は第71回愛鳥週間「全国野鳥保護のつどい」熱海開催に合わせ、5/13・14の2日間、国宝「紅白梅図屏風」を特別公開。色絵藤花文茶壺、手鑑翰墨城と合わせ、国宝3点を同時公開

熱海市では5月に入り、ツバメの巣作りを見かけるようになった。5月8日、来宮駅では新居が完成。雛(ひな)がカラスに襲われないように構内の天井に新築し、住まうまち熱海の鳥民が1世帯増えた。カルガモさん親子など新たな住鳥も増え、鳥内会設立の動きも?!
(熱海ネット新聞)





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    8年ぶりに満月と重なる「仲秋の名月」 熱海湾に鮮やかムーンロード

    旧暦の8月15日に当たり「仲秋の名月」(十五夜)となった9月21日。暦と満月は必ずしも一致しないが…
  2. 2021-9-22

    熱海市全体の商業地3•7%、県内一の上昇率 トップは田原本町 基準地価

    国土交通省は9月21日、7月1日現在の基準地価を発表した。静岡県内の商業地は新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-9-22

    【お悔やみ】河野と志枝さん(熱海市網代)9月19日死去 107歳

    河野と志枝さん(このう・としえ)9月19日死去、107歳。熱海市の再高齢者。通夜23日午後6時。葬…
  4. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
ページ上部へ戻る