【編集室】ブーゲンビリア「6月場所」開幕 熱海市街が赤や赤紫に染まる


熱海市街で南米原産のブーゲンビリアが一斉に見ごろを迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が南国情緒を醸し出している。糸川遊歩道ではブーゲンビリアが川を覆うように彩り、観光客や市民の目を楽しませている。今の花は6月いっぱい花を咲かせ、9月と11月にも繰り返し咲く。
糸川のブーゲンビリアは、2004年の「熱海花の博覧会」に合わせ、ブーゲンビリア愛好家の市民たちが植栽を始め、一時は120本まで数を増やし、花の名所となった。しかし、市が遊歩道沿いをあたみ桜に統一する整備を行い、ブーゲンビリアは移植を余儀なくされたり、伐採されたりして現在残っているのはおよそ40本。残念がる市民も多いが、、おかげであたみ桜とブーゲンビリアの二枚看板で糸川遊歩道は四季を通じて観光客が訪れるようになった。
挿し木で市内の一般家庭や店舗にも
ブーゲンビリアのファンも多く、「熱海ブーゲンビリアの会」(富田榮仁会長=カフェ季の環)は、糸川のブーゲンビリアの手入れをするとともに、挿し木によって市内の愛好家などに配り、今では中央町の「おふくろの味 るい」「富岡酒店」など百軒を超す一般家庭や店舗で花を咲かせている。
6月は青紫のジャカランダが見ごろを迎え、お宮緑地や糸川河口付近の国道135号を彩る。花の街熱海「6月場所」は準備万端―。
写真=5月30日撮影
◆ブーゲンビリア 南米(ブラジル) 産のオシロイバナ科イカダカズラ属の熱帯性低木。花のように見えるのは、実際には、苞(ほう)と呼ばれるもので、苞が3枚集まったその中心に咲いている小さな白いものが花。苞は風に吹かれてヒラヒラと舞い、南国ムードを醸し出す。












関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る