【お悔やみ】伊豆山神社の宮司、原口尚文氏が8月5日死去 63歳


伊豆山神社の原口尚文(ひさのり)宮司が8月5日、くも膜下出血のため、伊豆の国市の順天堂大学医学部附属静岡病院で死去した。通夜祭7日午後6時、葬場祭8日正午。伊豆山神社参集殿で執り行う。熱海市伊豆山708。喪主、長男靖巨(やすなお)さん。63歳の早すぎる訃報に、悼む声が相次いだ。同神社宮司の故・喜文(よしふみ)さんの次男として生まれ、1995年から宮司。走り湯神社、初島・初木神社の宮司も務めた。
(熱海ネット新聞)





お悔やみを申し上げます。熱海ネット新聞・松本洋二

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る