【文化】国宝「紅白梅図屏風」公開始まる/MOA美術館 所蔵名品展

熱海市のMOA美術館で尾形光琳作の国宝「紅白梅図屏風(びょうぶ)」などを公開する所蔵名品展が始まり、熱海梅園の梅の開花と相まって多くの人が鑑賞に訪れている。紅白梅図屏風は、光琳の最高傑作と評される作品。金地を背景に相対する紅白の梅や水流を描いている
会場には、野々村仁清作の「色絵藤花文茶壺(つぼ)」(17世紀)、中国・唐代に描かれた「樹下美人図」(8世紀)など国宝3点、重要文化財27点を含む計64点が並ぶ。2月11日午後1時半からは学芸員による美術セミナー「尾形光琳の画業と紅白梅図屏風」を開く。問い合わせは同美術館☎0557-84-2511へ。
(熱海ネット新聞)


国宝「色絵藤花文茶壺」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る