こどもの日、好天に恵まれ子どもたちの歓声響く/熱海・姫の沢公園


こどもの日の5月5日、好天に恵まれた熱海市内の行楽地は多くの家族連れなどでにぎわった。「花まつり」(熱海市振興公社主催)開催中の姫の沢公園では、6万株のツツジやフジ、シャクナゲの花を愛でながらのスタンプラリー、赤ちゃんやワンちゃんの手形を作る楽焼・陶芸体験に多くの人が訪れ、園内には子どもたちの歓声が響いた。新緑の下、コイノボリも元気いっぱいに泳いでいる。同祭りは大型連休最終日の6日まで。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    来年4月に熱海型DMO設立、10月に宿泊税導入 熱海市観光戦略会議

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  2. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  3. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  4. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
ページ上部へ戻る