「青紫」が熱海に初夏告げる 世界三大花木「ジャカランダ」が続々開花 

熱海市が「梅」「あたみ桜」に続いて市の花として力を入れる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が続々開花し、東海岸町のジャカランダ遊歩道を彩り始めた。昨年より2週間早いペースで咲き進んでいる。5月下旬から6月初旬にかけて見頃に入り、約140本のジャカランダが熱海サンビーチから国道135号線沿いの親水公園、小公園まで青紫に染める。
熱海市と市観光協会は6月9~24日、「ATAMIジャカランダフェスティバル」を同遊歩道で開く。期間中は毎日遊歩道をライトアップ。土・日曜日には菓子や茶のサービスなども実施する。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真=5月25日撮影
■ジャカランダ遊歩道 国道135号線とサンビーチに挟まれた延長430m、幅12~20mの細長い緑地。一昨年6月、それまであった椰子(やし)の木などを移植・撤去し、約110本のジャカランダを植裁し、国内最大のジャカランダ遊歩道に整備。大きく育った木も32本植えられている。





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る