【まちづくり】4年ぶりに「伊豆山港の朝市」が復活 毎週日曜に開催

 

伊豆山港での街おこしに取り組む「多目的広場活用協議会」(千葉和良会長)は20日、熱海ビーチラインの赤い橋の下にある伊豆山港緑地広場で「伊豆山港の朝市」を2010年以来、4年ぶりにを開催した。
以前(05年から6年間)は伊豆山温泉観光協会が主催し、近くの旅館前で開催してきたが、地球温暖化などで安定的な水揚げ量が確保できないとして中断。水揚げ量も戻り、静岡県が伊豆山港緑地広場を整備したことから、有効活用策として朝市復活が決まった。

地元漁師や関係者などが、サザエやアワビ、伊勢海老、ワカメなどの海産物を中心に、季節の野菜、かんきつ類などを出品。この日は復活開催を記念し、天然わかめ1トンを用意、1回300円で詰め放題を行った。

千葉会長は「気軽に漁師と触れ合ってもらい、一緒にバーベキューを囲むなどして伊豆山の海の幸、山の幸を食べて頂きたい。今後も地域を盛り上げる企画を考えていく」と話している。

同朝市は毎週日曜の午前7時30分から11時まで開催する。

(熱海ネット新聞)

 

さざえご飯

朝市のぼり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-11-28

    花火効果で11月の宿泊客数 コロナ禍以前2019年の9割まで回復

    熱海湾で11月27日、秋季熱海海上花火大会を開催がされ、午後8時20分から20分間にわたって3千発が…
  2. 2021-11-28

    【お悔やみ】青木千鶴子さん(熱海市和田町)11月25日死去

    青木千鶴子さん(あおき・ちづこ)11月25日死去、82歳。熱海市和田町3の4。通夜28日午後6時。告…
  3. 2021-11-27

    熱海梅園もみじまつり、最初のピーク突入 グラデーション鮮やか

    もみじまつり(11月14日〜12月5日)が開幕して3度目の週末をとなった11月27日、熱海梅園では園…
  4. 2021-11-27

    熱海土石流で市長、自身の責任認める 責任の取り方は第三者委に委ねる

    熱海市の齋藤栄市長は11月26日、市役所で会見し、伊豆山地区の大規模土石流の被害を甚大化させた(26…
ページ上部へ戻る