「民泊」解禁、熱海市内の届け出は3件 全て一戸建て、共同住宅はなし

一般住宅などに旅行客らを泊める「民泊」のルールを定めた住宅宿泊事業法が6月15日、施行された。熱海市内の熱海保健所への届け出は3件。すべて要件を満たし、受理された。物件は全て一戸建て(別荘も含む)で共同住宅はなかった。県全体の届け出は40件。
法が定めた営業の上限は180日。静岡県は条例で学校周辺100メートル以内や住居専用地域で平日の営業を禁止。閑静な住宅街や別荘地など生活環境悪化が防止されるべき区域として、制限を設けている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る