スポーツツーリズム推進、管理棟改修を要望/小山臨海公園テニスコート


熱海市テニス協会(藤曲敬宏県議会長)と熱海市ソフトテニス協会(加藤喜一郎会長)は8月29日、市役所に齋藤栄市長を訪ね、小山臨海公園テニスコート管理施設の大幅改修を求める要望書を手渡した。
同テニスコートは6面あり、年間2万人が利用している。しかし、管理施設はバブル期の1987年(昭和62年)に建てられて以来、改修されていない。更衣室など老朽化に加え、トイレは和式、シャワーが1基しかなく、女性利用者などから改修を求める声が上がっている。市内外の利用者520人分の署名を添えて要望書を提出した。
席上、藤曲会長は「スポーツツーリズムを推進する熱海市にとって小山臨海公園の存在意義は大きい。スポーツ環境の進展と交流人口の拡大等の観点からも大幅改修が必要だ」。新たに同公園を指定管理する「ReTAS Project共同事業体」代表の杉山誠一熱海市体育協会会長も「清掃等は十分にしているが、老朽化はどうしようもない。首都圏などからも多くの人が利用しており、アメニティの部分はもう少しグレードを上げる必要がある」と話した。この日はソフトテニス協会の野中真一郎理事とテニス協会の小田昌樹さんが同行した。
これに対し、市長は「小山臨海公園には南熱海マリンホールもあり、安全面での対応を急がないといけないものがある。それも含めて検討したい」と述べた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  2. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  3. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
  4. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
ページ上部へ戻る