【編集室】鮮やかな「赤い花」に秘められた「糸川ブーゲンビリア物語」

糸川沿いのブーゲンビリアが鮮やかな赤い花を咲かせ、市民や観光客の注目を集めている。この花は平成16年にあった「熱海花の博覧会」に合わせ、ブーゲンビリア愛好家の市民たちが植栽を始め、一時は120本まで数を増やし、花の名所となった。しかし、平成21年から3カ年かけて市が遊歩道沿いをあたみ桜に統一する整備を行ったのに伴い、ブーゲンビリアは移植を余儀なくされたり、伐採されたりして現在残っているのはおよそ40本。

心血を注いで育ててきたこの赤い花の消去を惜しむ「熱海ブーゲンビリアの会」(富田榮仁会長=カフェ季の環)では、挿し木によってDNAを継承。子や孫になった糸川のブーゲンビリアを市内の愛好家などに配り、今では百軒を超す一般家庭や店舗で美しい花を咲かせている。

(編集主幹・松本洋二)

◇ブーゲンビリア 中南米産のオシロイバナ科の常緑つる性花木。5月から11月にかけ赤やピンク、紫などの鮮やかな花を咲かせる。

2番手

糸川のブーゲンビリア

 

IMAG0217

富岡酒店(熱海市中央町)のブーゲンビリア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-25

    【お悔やみ】三枝俊雄さん(熱海市田原本町)1月23日死去

    三枝俊雄さん(さえぐさ・としお)1月23日死去、82歳。食事処ふくや。熱海市田原本町1の5。通夜26…
  2. 足湯

    2022-1-24

    新たに児童のコロナ感染判明 熱海市内の別の小学校1校で学年閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月24日、市内の小学校1校で新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、当該校の…
  3. 2022-1-23

    上多賀など南熱海4地区で「どんどん焼き」 たぎる炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月23日午前、南熱海の4地区(上多賀、下多賀、中野、和田木)で開催さ…
  4. 2022-1-23

    熱海市の新規コロナ感染者14人 10人超は6日連続=1月23日

    静岡県と熱海市は1月23日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。前日…
ページ上部へ戻る