【社会】散骨場計画に「差し止め」請求 隣地所有会社が提訴

熱海市熱海の初島を望む山林に民間業者が散骨場の建設を計画し、周辺住民が反対している問題で、散骨場計画地の隣接地を所有する不動産会社(東京)が散骨場の建設差し止めを求める訴訟を静岡地裁沼津支部に起こしたが分かった。30日付の静岡新聞が報じた。
訴状によると、散骨場は墓銘を彫った石碑を設置し、区画内に遺骨を散布する計画で、「計画は法律が規制する『墓地』に他ならない」と主張、「住民の受忍限度を超える」と訴えている。
一方、散骨場を計画する企業の社長は「全面的に争う方向で弁護士と相談している」と話しているという。

(熱海ネット新聞)

DSC_0788ssp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る