【社会】散骨場計画に「差し止め」請求 隣地所有会社が提訴

熱海市熱海の初島を望む山林に民間業者が散骨場の建設を計画し、周辺住民が反対している問題で、散骨場計画地の隣接地を所有する不動産会社(東京)が散骨場の建設差し止めを求める訴訟を静岡地裁沼津支部に起こしたが分かった。30日付の静岡新聞が報じた。
訴状によると、散骨場は墓銘を彫った石碑を設置し、区画内に遺骨を散布する計画で、「計画は法律が規制する『墓地』に他ならない」と主張、「住民の受忍限度を超える」と訴えている。
一方、散骨場を計画する企業の社長は「全面的に争う方向で弁護士と相談している」と話しているという。

(熱海ネット新聞)

DSC_0788ssp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る