【文化】桜桃忌に太宰治ゆかりの起雲閣で講話会  

小説家・太宰治が入水自殺を図り、遺体が見つかった日でもある19日、太宰にゆかりのある起雲閣(中島美江館長)の「大鳳の間」で講話会が開かれ、約50人の太宰ファンが聞き入った。起雲閣ボランティア会の宇田川本子さんが「太宰治をしのんで」と題して話し、太宰と起雲閣との関わりや妻美和子、小説「斜陽」のモデルとなった太田静子、太宰と一緒に身投げした山崎富栄など、熱海と太宰のかかわりをエピソードを交えて紹介した。

太宰は昭和23年3月18日から起雲閣の「大鳳の間」に2泊。「太宰治執筆の地」の碑がある林ケ丘町の旧起雲閣別館の「雲井の間」で「人間失格」を執筆している。

◇桜桃忌(おうとうき) 太宰治の忌日。昭和23年6月13日、太宰は愛人・山崎富栄とともに玉川上水に入水自殺。没年38歳。遺体が上がったのは6日後の19日。この日は太宰の誕生日でもあったことから、太宰を偲ぶ日となった。名付け親は直木賞作家・今官一氏で太宰晩年の短編小説「桜桃」の名にちなんで命名した。毎年、この日は太宰の墓がある東京・三鷹市の禅林寺には、全国から多くのファンが集う。

桜桃忌本

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る