【文化】桜桃忌に太宰治ゆかりの起雲閣で講話会  

小説家・太宰治が入水自殺を図り、遺体が見つかった日でもある19日、太宰にゆかりのある起雲閣(中島美江館長)の「大鳳の間」で講話会が開かれ、約50人の太宰ファンが聞き入った。起雲閣ボランティア会の宇田川本子さんが「太宰治をしのんで」と題して話し、太宰と起雲閣との関わりや妻美和子、小説「斜陽」のモデルとなった太田静子、太宰と一緒に身投げした山崎富栄など、熱海と太宰のかかわりをエピソードを交えて紹介した。

太宰は昭和23年3月18日から起雲閣の「大鳳の間」に2泊。「太宰治執筆の地」の碑がある林ケ丘町の旧起雲閣別館の「雲井の間」で「人間失格」を執筆している。

◇桜桃忌(おうとうき) 太宰治の忌日。昭和23年6月13日、太宰は愛人・山崎富栄とともに玉川上水に入水自殺。没年38歳。遺体が上がったのは6日後の19日。この日は太宰の誕生日でもあったことから、太宰を偲ぶ日となった。名付け親は直木賞作家・今官一氏で太宰晩年の短編小説「桜桃」の名にちなんで命名した。毎年、この日は太宰の墓がある東京・三鷹市の禅林寺には、全国から多くのファンが集う。

桜桃忌本

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る