【観光】休業していた遊覧船、「SANREMO」号で運転再開

スパ・マリーナ熱海(鵜沢精一社長)は2日、熱海遊覧船「SANREMO(サンレモ)」の運行を開始した。3月末で休業していた別会社運営の遊覧船を引き継ぎ、運営を再開。同じ船体を使うが、外観はこれまでの「海賊マーク」からイタリア国旗のトリコロールカラ―や熱海の姉妹都市サンレモ市の市章をあしらい、安全性を高める装置も増設。エンジンも改修した。

安全祈願式では泉明寺みずほ今宮神社宮司が祝詞を奏上し、関係者40人が玉串を捧げ、安全航行やを熱海の観光発展を祈願した。

◇遊覧コース 親水公園第三桟橋(初川河口)より出航し、 錦ヶ浦・曽我浦などの沖合を通り、赤根崎の手前を折り返す約30分の遊覧。 海上より熱海の景色・真鶴半島・伊東市川奈・伊豆大島なども望むことができる。

遊覧船乗り場

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-11-28

    花火効果で11月の宿泊客数 コロナ禍以前2019年の9割まで回復

    熱海湾で11月27日、秋季熱海海上花火大会を開催がされ、午後8時20分から20分間にわたって3千発が…
  2. 2021-11-28

    【お悔やみ】青木千鶴子さん(熱海市和田町)11月25日死去

    青木千鶴子さん(あおき・ちづこ)11月25日死去、82歳。熱海市和田町3の4。通夜28日午後6時。告…
  3. 2021-11-27

    熱海梅園もみじまつり、最初のピーク突入 グラデーション鮮やか

    もみじまつり(11月14日〜12月5日)が開幕して3度目の週末をとなった11月27日、熱海梅園では園…
  4. 2021-11-27

    熱海土石流で市長、自身の責任認める 責任の取り方は第三者委に委ねる

    熱海市の齋藤栄市長は11月26日、市役所で会見し、伊豆山地区の大規模土石流の被害を甚大化させた(26…
ページ上部へ戻る