【編集室】お母さんカモが早朝に熱海梅園に帰還、子供たちと再会も…またぞろ「川下り」の旅へ

前日、台風8号の接近で激流に飲み込まれるのを気遣い、市民の熱意で熱海芸妓見番近くの初川から生まれ育った熱海梅園に戻された8羽のカルガモのヒナたち。結果として捕獲できなかったお母さんだけが取り残され、親子が離ればなれに。さてどうなるものかと心配したが、なんてことはなかった。

一夜明けた11日朝、母カルガモは熱海梅園の香林池に姿を現し、何事もなかったかのように子どたちに寄り添っていたという。

「という」と言うのは、朝の段階で市の関係者が目視しており、母親が帰還したのは間違いないのだが、本紙が正午過ぎと午後3時過ぎに現地を訪れるとともに家族全員の姿がなかった。

この日は台風一過で園内も33度まで気温が上がり、歩いているだけで汗だく。その傍らに木々に覆われ、涼やかに流れる初川の清流。一度味わった「川下りの楽しさ」を忘れられず、またぞろ家族旅行にと思ったら、案の定、梅園を離れ、夕刻には市内清水町の初川に出現。仲良く泳ぐ親子の姿を市民が温かく見守っている。

(編集主幹・松本洋二)

 

DSCN3840

DSCN3843【写真】熱海梅園の香林池と園内の清流(7月11日)、カルガモたちのパパとママ(3月20日=熱海梅園)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る