【社寺】御神船「両宮丸」が勇壮に網代を疾走 阿治古神社例大祭

熱海市網代の阿治古神社(杉嵜賢宮司)例大祭の本祭りが20日.あった。本殿での神事に続き、御神幸行列が挙行され、しんがりで御神船「両宮丸」が巡行した。この渡御は豊臣秀吉の小田原攻めに加わった地元の漁師たちが、戦勝祝いとして始めたとされ、豊漁と無病息災を祈願。御神船には秀吉から拝領したと伝わる流れびょうたん模様の布がまかれている。

その伝統の「流れひょうたん」衣装に身を包んだ若衆たちが重さ10トンの御神船を引きまわし、通行止め規制が敷かれた国道135号では”網代ひもの銀座”を一気に駆け抜け、漁師町の男の意気を示した。

網代は江戸時代には「京・大阪に江戸・網代」と呼ばれたほどの漁業の地として知られ、「風待ちの港」として重宝された。当時を彷彿させる勇壮な祭りを市民や観光客が真剣に見守った。

本殿での神事では祝詞奏上などに続いて地元の浦安の舞、境内では鹿島踊りが奉納された。

阿治古神社森野淳

 

◇御神船巡行 豊臣秀吉が後北条氏の本城である小田原城を攻める時、網代の漁民が船を出したことに由来。御神船の両宮丸には神社と神輿が鎮座され、 名前は阿治古神社と若宮神社からとった。御神船には秀吉から拝領したと伝わる流れびょうたん模様の布がまかれている。

【写真】両宮丸の写真は石丸勇起さん撮影

 

 

2014-07-20 阿治古神社例大祭_1404

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  2. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  3. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  4. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
ページ上部へ戻る