【市政】散骨問題で条例改正 海洋散骨霊園に「待った」

熱海市議会は8日、臨時会を開き、「墓地に類似する区域の設置」に必要な手続きなどを定めるまちづくり条例の改正案を全会一致で可決した。即日施行し、市は「海洋散骨霊園」事業を計画する民間企業に対し、条例案に基づく手続きを求める文書を送付。違反した場合は中止勧告や是正命令を行い、刑事告発する可能性も記した。

企業側は応じない方針。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る