【編集室】なんでやねん、2014年最大の満月「スーパームーン」が熱海上空で“雲がくれ”

8月11日午前3時9分を心待ちしていた熱海市民も多かったのではないか。今年最も大きくて明るい満月、いわゆるスーパームーンがこの時刻に熱海上空でお見みえする予定だったからです。

今年の夏はスーパームーンが3回発生し、この日の満月は7月12日に続く2回目。2014年に月が最も地球に近づく(35万6896キロ)タイミングと、偶然に満月の時期が重なったおかげで、通常より16%大きく、30%明るい満月を見ることができる、というのが専門家の見解。

本紙は翌朝に仕事を抱える市民に代わって午前1時過ぎから渚親水公園ムーンテラスに陣取り、「でっかい月」の撮影に挑戦しました。他にこんなことを企画する奇特な人はおらず、全館貸し切り状態。ところが、この日の熱海上空は台風11号が通り過ぎ、天候こそ回復したものの所々に怪しい雲。これがなにげにひっかかていたのですが…。

さい先良く、午前1時20分にはご覧のように銀色に光る月を激写。が、あとがいけない。1時30分過ぎから嫌な雲がかかり始めた。それでも明るさ30%増量のおかげで雲を突き抜けて後光を放つ”ほぼスーパムーン”を何とかパシャ。実はこれが最後でした。以降は雲の中に姿を消してしまい、肝心の3時9分時には完全に分厚い雲の中。せっかく台風が去ったというのに…なんでやねん、という思いです。
今年最後のチャンスは9月9日。その次は来年9月28日。そこまではとても待てない。次こそが正念場。待ってろよ、スーパームーン。

(本紙スーパムーン取材班)

tuki10ほとんどスーパームーン(11日午前1時20分=ムーンテラスで)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  2. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  3. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
  4. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
ページ上部へ戻る