【市政】湯河原町からの救急搬送「年間753件」 熱海市が緊急医療体制費を負担

隣接する湯河原町から救急車で熱海市の2次医療機関である3病院に運ばれてくる患者の搬送件数が、年間で753件あることが分かった。内訳は国際医療福祉大熱海病院が463件、熱海所記念病院が284件、南あたみ第一病院が6件。9月市議会の一般質問で川口健議員(爽心会)の質問に熱海市が2013年度の件数として答えた。

同議員の「湯河原町に(熱海市の)緊急医療体制へ負担を求めないのか」の質問には「2次緊急業務は都道県が策定する医療計画に基づき、2次医療圏ごとに実施され、(神奈川県湯河原町に)負担金をなどをお願いするのは難しい」との認識を示した。

川1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る