【市政】湯河原町からの救急搬送「年間753件」 熱海市が緊急医療体制費を負担

隣接する湯河原町から救急車で熱海市の2次医療機関である3病院に運ばれてくる患者の搬送件数が、年間で753件あることが分かった。内訳は国際医療福祉大熱海病院が463件、熱海所記念病院が284件、南あたみ第一病院が6件。9月市議会の一般質問で川口健議員(爽心会)の質問に熱海市が2013年度の件数として答えた。

同議員の「湯河原町に(熱海市の)緊急医療体制へ負担を求めないのか」の質問には「2次緊急業務は都道県が策定する医療計画に基づき、2次医療圏ごとに実施され、(神奈川県湯河原町に)負担金をなどをお願いするのは難しい」との認識を示した。

川1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る