【県政】橋本一実県議が特別講演会 川勝知事、斉藤市長とスクラム

熱海市選出の橋本一実県会議員の後援会(福井敏幸会長)は18日夜、起雲閣音楽サロンで特別講演会「集うまち、住まうまち、熱海へ『夢と課題』」を開催し、会場が満員となる200人を超す支援者が熱心に聞き入った。川勝平太知事と斉藤栄市長がゲストで招かれ、3人で握手を交わし、蜜月ぶりをアピールした。この4年間で知事の熱海入りは9回目となった。

橋本県議は「県会議員の役割は橋梁の建設や公安(警察)などを通じて県民、市民の命、財産、地域の豊さを守ること。国や県、市と連携して地震、津波、豪雨などの災害対策を強化していく。守る、変える、全力をモットーに少子化、教育、高齢者や介護支援体制の充実、雇用増加に取り組みたい」と力を込めた。
斉藤市長は「2期目までは財政の立て直しに追われたが、借金も8割解消し貯金もできるようになった。3期目は本当にやりたかった”住まうまちづくり”ができる。川勝知事、橋本県議とともに住む人が誇りを持ち、生活の高さを享受できるまちづくりをし、市の最大の課題である人口減に歯止めをかけたい」と話した。

この日夕、橋本県議、市長とともに県立熱海高校と同校の通学路となる「さくらの名所散策路」を視察した知事は、おりしも開花していたヒマラヤザクラに感激。「伊豆多賀駅から800メートル。この桜並木が完成したら県で一番美しい通学路どころか、日本一美しい通学路ができる」と相好を崩し、熱海高校の魅力発信には「入学生全員にパスポートを待たせ、高校を卒業するまでに世界を観てほしい。熱海市には高校が1校しかなく、少人数。これが実現すれば、熱海市の高校生は全員海外経験者となる。これは学校数が多い、静岡市や浜松市では無理」と提案し、「2020年までには静岡空港の下に新幹線駅を作る。そうなれば、新幹線の駅を持つ熱海には世界から客が訪れるし、雇用も生まれる」と期待を込めた。

来賓で山田治雄、村山憲三、金森和道、小森高正、鎌田武俊、越村修市議が出席し、それぞれあいさつした。

橋本知事斉藤DSC_8332ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る