【観光】熱海駅前広場の足湯「2代目家康の湯」が仮オープン

年末年始の観光シーズンに合わせ、熱海駅前広場に新設した2代目の足湯「家康の湯」が20日、仮オープンした。新しい足湯は面積が約2倍、利用可能人数が10人から25人に拡張された。湯船から溢れた湯をグレーの御影石の上に薄い池のように張る「湯鏡」を使い、ゆらゆらと湯けむりがたち上がる。また敷き詰められた御影石のエリアに入って5つの景石や湯の鏡に映る緑あふれる桃山の風景を楽しむこともできる。
駅舎工事との関係で正式な供用開始日は未定。

◇2代目家康の湯 午前9時から午後4時。年中無休で無料。約70度の源泉を加水して40度にし、毎分40リットル注ぐ。

DSC_3329ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    熱海土石流、新たに1人の遺体発見、死者20人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で1人の遺体を発見し…
  2. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  3. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  4. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
ページ上部へ戻る