【市政】斎藤市長、今年最後の仕事は各課を巡回して訓示 仕事納め

熱海市の斎藤栄市長は仕事納めの27日、市庁舎5階の総務課を手始めに午前中いっぱいをかけて庁舎を巡回、7部22課と選挙管理委員会事務局などすべての部所を回り、労いの言葉をかけるとともに、気付いた点などを述べた。

市民生活課では、職員十数人を前に「来年は新庁舎が完成する。市民生活、保険年金、納税を一つのフロアで対応するサービスが始まるので、それに向けて準備してほしい」などと訓示した。

市長は昨年から、仕事納めの日は職員を集めて訓示するのではなく、自ら各部門に出向くスタイルに変更した。

仕事始めは1月6日。

年末巡回

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  2. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  3. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  4. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
ページ上部へ戻る