【市政】斎藤市長、今年最後の仕事は各課を巡回して訓示 仕事納め

熱海市の斎藤栄市長は仕事納めの27日、市庁舎5階の総務課を手始めに午前中いっぱいをかけて庁舎を巡回、7部22課と選挙管理委員会事務局などすべての部所を回り、労いの言葉をかけるとともに、気付いた点などを述べた。

市民生活課では、職員十数人を前に「来年は新庁舎が完成する。市民生活、保険年金、納税を一つのフロアで対応するサービスが始まるので、それに向けて準備してほしい」などと訓示した。

市長は昨年から、仕事納めの日は職員を集めて訓示するのではなく、自ら各部門に出向くスタイルに変更した。

仕事始めは1月6日。

年末巡回

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  2. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
  3. 2021-7-28

    ブルネイのファダウス選手 インスタで入国あいさつ 熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪で熱海市がホストタウンを務めるブルネイ・ダルサラーム国のムハマド・ファダウス選手(25)が…
  4. 2021-7-28

    8月28日の「伊豆湯河原温泉納涼花火大会」中止 全国的なコロナ感染再拡大で

    熱海市の伊豆湯河原温泉観光協会は7月27日、新型コロナウイルス感染症の全国的な再拡大のため、8月2…
ページ上部へ戻る