【市政】本邦初公開、これが「新市長室」 報道陣と市会議員にお披露目

 

熱海市は10日、報道陣と市会議員ら30人余りに2013年6月から16億2226万円をかけ、現在の市役所横に建設した鉄筋4階建ての市役所新庁舎・消防庁舎を公開した。

注目の市長室は4階に設けられ、南向きのため、海は見えない。窓からの眺望は旧庁舎と消防庁舎にさえぎられ、いささか閉塞気味だが、旧庁舎などの取り壊し工事を終えれば、視界が開ける。
庁舎建設を巡っては、2007年に斉藤栄市長が財政危機を理由に建設を延期。その後、新たな建設計画を白紙に戻したり、分庁化を目指したりするなど、二転三転した。

(編集主幹・松本洋二)

◇今後 4月10日の市制記念日に落成式と市民内覧会。同14日に消防業務開始。5月3~6日に現庁舎からの引っ越しを行い、7日から新庁舎で全業務を開始。

 

 

 

新市庁舎正面

新庁舎の正面入り口

 

議員刺殺

仕上がりをチェックする議員たち

 

市長室

新市長室

 

市長室から見る光景

市長室からの眺望

 

議員視察団

新庁舎建設特別委員会

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-29

    国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

    今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道13…
  2. 2021-7-29

    Jリーガーが支援の輪 土石流被災の子供たちに応援リュックサック届く 

    土石流で大きな被害を受けた熱海市の伊豆山地区の子どもたちを元気づけようと、熱海市伊豆山の介護ケアタ…
  3. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
ページ上部へ戻る