【市政】本邦初公開、これが「新市長室」 報道陣と市会議員にお披露目

 

熱海市は10日、報道陣と市会議員ら30人余りに2013年6月から16億2226万円をかけ、現在の市役所横に建設した鉄筋4階建ての市役所新庁舎・消防庁舎を公開した。

注目の市長室は4階に設けられ、南向きのため、海は見えない。窓からの眺望は旧庁舎と消防庁舎にさえぎられ、いささか閉塞気味だが、旧庁舎などの取り壊し工事を終えれば、視界が開ける。
庁舎建設を巡っては、2007年に斉藤栄市長が財政危機を理由に建設を延期。その後、新たな建設計画を白紙に戻したり、分庁化を目指したりするなど、二転三転した。

(編集主幹・松本洋二)

◇今後 4月10日の市制記念日に落成式と市民内覧会。同14日に消防業務開始。5月3~6日に現庁舎からの引っ越しを行い、7日から新庁舎で全業務を開始。

 

 

 

新市庁舎正面

新庁舎の正面入り口

 

議員刺殺

仕上がりをチェックする議員たち

 

市長室

新市長室

 

市長室から見る光景

市長室からの眺望

 

議員視察団

新庁舎建設特別委員会

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で…
  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

    熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光…
  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
ページ上部へ戻る