【市政】来年3月終了の湯〜遊〜バス 東海バス継続を承認

熱海市は17日、「市地域公共交通会議」の初会合を市役所で開き、来年3月末で廃止する「湯〜遊〜バス」運行について協議した。

事業終了に伴い、伊豆東海バス(本社・伊東市)が事業を継承し、4月以降も運行を続けることを提案し、承認された。

伊豆東海バスでは、現行の「錦ケ浦・梅園」と「MOA美術館・伊豆山神社」の2ルートを「錦ケ浦・梅園」に一本化することと、ダイヤの見直しなどにで自主運行が可能であると判断した。

◇新運賃 1日乗車券が、中学生以上700円と現行より100円減、小学生以下は350円(同50円減)、新たに1回のみの乗車(1乗車)も可能とし、運賃は中学生以上250円、小学生以下130円。

湯〜遊〜バス2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-4-21

    【観光】季節外れの高温、ツツジが山肌を彩る/姫の沢公園 5月3日から「花まつり」が始まる熱海市…
  2. 2018-4-20

    新しい第9分団(初島)詰め所が落成 高台に移転新設/熱海市消防本部

    熱海市初島で昨年9月から工事が進められていた熱海市消防団第9分団(宮下泉分団長、22人)の消…
  3. 2018-4-20

    熱海芸妓、花柳界・師匠の菩提寺でお焚きあげ供養/撥扇塚供養祭

    熱海市上宿町の大乗寺で4月20日、熱海芸妓が芸事の稽古や宴席で壊れたり、使えなくなったりした…
  4. 2018-4-19

    【編集室】チューリップ10万球が見頃、市民入場無料デー開催中/アカオガーデン

    熱海市のホテルニューアカオが運営する「アカオハーブ&ローズガーデン」(赤尾宣長社長)は、4月…
ページ上部へ戻る