【市政】来年3月終了の湯〜遊〜バス 東海バス継続を承認

熱海市は17日、「市地域公共交通会議」の初会合を市役所で開き、来年3月末で廃止する「湯〜遊〜バス」運行について協議した。

事業終了に伴い、伊豆東海バス(本社・伊東市)が事業を継承し、4月以降も運行を続けることを提案し、承認された。

伊豆東海バスでは、現行の「錦ケ浦・梅園」と「MOA美術館・伊豆山神社」の2ルートを「錦ケ浦・梅園」に一本化することと、ダイヤの見直しなどにで自主運行が可能であると判断した。

◇新運賃 1日乗車券が、中学生以上700円と現行より100円減、小学生以下は350円(同50円減)、新たに1回のみの乗車(1乗車)も可能とし、運賃は中学生以上250円、小学生以下130円。

湯〜遊〜バス2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で…
  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

    熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光…
  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
ページ上部へ戻る