【文化】中山晋平記念館で懐かしい蓄音器のミニコンサート 初のクラフト展も 熱海梅園

熱海梅園内の「中山晋平記念館」で22日、蓄音器を使ったミニコンサートがあった。「もみじまつり」で来場した多くの観光客、市民が作曲家・中山晋平が手掛けた「雨降りお月さん」「てるてる坊主」「東京音頭」などの懐かしいメロディに聞き入った。23日、24日はハーモニカ&ウクレレ演奏会が開かれる。

また、この日から「アート・クラフトフェスティバル」(主催・同実行委員会)も初めて開催され、全国各地のクラフト作家64人が陶芸、革工芸、婦人服、布染織、木工、ガラス工芸、アクセサリーなどの多彩な作品を出展した。同フェスティバルは24日まで。

蓄音器

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  2. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  3. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  4. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
ページ上部へ戻る