【経済】アワビの稚貝を放流 熱海市の4カ所に1万5300個

 

大熱海漁協は11日、熱海市と共同で熱海港、伊豆山、上多賀、下多賀の4カ所にアワビの稚貝1万5300個(熱海市6000、漁協9300)を放流した。
稚貝は体長2、3センチほどの黒アワビとメガイアワビ。沼津市の県漁協連合会温水利用研究センター沼津分場から購入した。

 

熱海港では組合員4人が2隻の漁船に乗り込み、錦ヶ浦の水深7~8メートルほど岩場にダイバーが潜り、アワビの稚貝がびっしりと付いた縦25センチ、横20センチのコンクリート製の板を魚に食べられないように岩場のすき間などに置いた。5年ほどで採取できる大きさに育つという。

静岡県内のアワビの漁獲量は水質の悪化などで昭和62年の104トンをピークに年々減っており、一昨年はピーク時の5分の1以下の24トンだった。熱海市民や飲食店、来訪者に安定供給するため、同漁協は20年ほど前から毎年この時期に実施している。

(熱海ネット新聞)

 

P2210177

 

 

P2210204

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  2. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
  3. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  4. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
ページ上部へ戻る