【経済】アワビの稚貝を放流 熱海市の4カ所に1万5300個

 

大熱海漁協は11日、熱海市と共同で熱海港、伊豆山、上多賀、下多賀の4カ所にアワビの稚貝1万5300個(熱海市6000、漁協9300)を放流した。
稚貝は体長2、3センチほどの黒アワビとメガイアワビ。沼津市の県漁協連合会温水利用研究センター沼津分場から購入した。

 

熱海港では組合員4人が2隻の漁船に乗り込み、錦ヶ浦の水深7~8メートルほど岩場にダイバーが潜り、アワビの稚貝がびっしりと付いた縦25センチ、横20センチのコンクリート製の板を魚に食べられないように岩場のすき間などに置いた。5年ほどで採取できる大きさに育つという。

静岡県内のアワビの漁獲量は水質の悪化などで昭和62年の104トンをピークに年々減っており、一昨年はピーク時の5分の1以下の24トンだった。熱海市民や飲食店、来訪者に安定供給するため、同漁協は20年ほど前から毎年この時期に実施している。

(熱海ネット新聞)

 

P2210177

 

 

P2210204

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る