【経済】アワビの稚貝を放流 熱海市の4カ所に1万5300個

 

大熱海漁協は11日、熱海市と共同で熱海港、伊豆山、上多賀、下多賀の4カ所にアワビの稚貝1万5300個(熱海市6000、漁協9300)を放流した。
稚貝は体長2、3センチほどの黒アワビとメガイアワビ。沼津市の県漁協連合会温水利用研究センター沼津分場から購入した。

 

熱海港では組合員4人が2隻の漁船に乗り込み、錦ヶ浦の水深7~8メートルほど岩場にダイバーが潜り、アワビの稚貝がびっしりと付いた縦25センチ、横20センチのコンクリート製の板を魚に食べられないように岩場のすき間などに置いた。5年ほどで採取できる大きさに育つという。

静岡県内のアワビの漁獲量は水質の悪化などで昭和62年の104トンをピークに年々減っており、一昨年はピーク時の5分の1以下の24トンだった。熱海市民や飲食店、来訪者に安定供給するため、同漁協は20年ほど前から毎年この時期に実施している。

(熱海ネット新聞)

 

P2210177

 

 

P2210204

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-7-22

    ミス熱海「梅娘」増田玲未さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017」があり、ミス熱海「…
  2. 2018-7-22

    網代が最も熱くなる夜「ベイフェス」で幕 弓張り提灯、宮町から旭町へ

    熱海市網代の阿治古神社例大祭のフィナーレを飾る「網代ベイフェスティバル2018」(…
  3. 2018-7-21

    熱海サンビーチ「ウォーターパーク」営業開始 連日の猛暑、子供たちの歓声響く

    熱海市観光協会は7月21日、大型海上アスレチック「ウォーターパーク」の営業を開始した。今夏の…
  4. 2018-7-21

    アロハフェス開幕、熱海がハワイに!初日は27ハラウ、295人がフラの共演

    「アタミ・アロハフェスティバル2018」が7月21日、熱海市の渚親水公園イベント広場で始まっ…
ページ上部へ戻る