正月公演 「梅まつりの歌」など8演目、出の衣装で熱海芸妓


湯めまちをどり・華の舞の「正月公演」が1月1日、熱海芸妓見番歌舞練場で始まった。熱海芸妓衆がお正月やおめでたい日に着る黒留袖の「出の衣装」に身を包み、優雅な舞いを披露した。
正月公演は8演目で構成され、獅子頭で始まり、「けんかかっぽれ」「御所のお庭」「雪のだるま」「万才くづし」「深川くずし」と続き、熱海梅園の梅まつりのために中山晋平が作曲した「梅まつりの歌」、エンディングの「三下り甚句」で締めくくる。公演後は舞台に降り、観客と一緒に記念撮影したり、会話したりして交流した。
正月公演は2日まで。観賞料は1500円(菓子付き)。午前11時~30分間。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■問い合わせ 熱海芸妓置屋連合組合0557-81-3575

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-22

    国の登録文化財 熱海市の旧井上馨公爵熱海邸 一般公開 文明開花のたたずまい

    熱海市教育委員会は10月22日、湯河原温泉の市の一角にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱海別邸」…
  2. 2020-10-22

    熱海の80代女性がマダニ感染症 静岡県で今年8例目、このうち5例が熱海市

    静岡県は10月21日、熱海市の80代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと…
  3. 2020-10-22

    【お悔やみ】土屋八郎さん(熱海市網代)10月20日死去

    土屋八郎さん(つちや・はちろう)10月20日死去、87歳。熱海市網代。通夜22日午後6時。葬儀23…
  4. 2020-10-21

    「神輿台車」を奉納 今宮神社厄年奉賛会「今宮新輪朋穣会

    今宮神社の例大祭で今年度の御鳳輦奉仕を務めた厄年奉賛会「今宮新輪朋穣会(しんわほうじょうかい)」(…
ページ上部へ戻る