あたみ桜糸川桜まつり 期間中の人出6万7786人 前年比2万人増


熱海市観光協会は第9回「あたみ桜糸川桜まつり」(1月12日~2月11日)の人出を発表した。期間中31日間に来遊した人は6万7786人で前年(4万7237人)を2万549人上回った。最も多かったのは2月10日(日)の8655人。ミス熱海によるさくら茶のサービスは毎週土日に行われ、合計11日間で1万2707人が利用した。
期間中は、中国の旧正月にあたる春節の大型休暇(2月4日~2月10日)とも重なり、日本一早い梅と桜を楽しもうという中国からの観光客で終日混雑。ライトアップされた夜桜はインバウンドに効果てき面でスマホに収めて家族や友人たちにSNS発信する姿が目に付いた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-11

    熱海で今年最高の34・6度  海の涼求め、首都圏からの車列続く

    高気圧に覆われた影響で、8月11日の熱海市は日差しが強まり、網代で午後1時37分に今年の最高気温と…
  2. 2020-8-11

    熱海・伊豆多賀海上花火大会、12日午後8時20分〜長浜海浜公園

    熱海市の多賀観光協会は8月12日、長浜海浜公園で伊豆多賀海上花火大会を開催する。時間は午後8時20…
  3. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  4. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
ページ上部へ戻る