熱海こがし祭り山車コンクール開幕 傘を手に3万2千の大観衆

今年で51回目を迎えた「熱海こがし祭り山車コンクール」が7月15日午後6時30分に始まった。市内東海岸町のお宮の松前の国道135線を歩行者用道路(歩行者天国)にして行われ、装飾の部19町内、木彫りの部13町内の計32基の山車が「装飾」「お囃子」「行列」でアイデアや芸術性、盛り上げなどを競った。細かい雨が断続的に降り続いたが、熱海人気と海の日の休日で3万2千人の傘を差した市民や観光客で賑わった。審査結果は16日朝に発表され、16日の最終日は凱旋パレードとなる。

(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-11

    国際医療福祉大熱海病院、来年3月末で分娩休止 出産可能機関は安井病院だけに

    赤尾光一市議 熱海市の国際医療福祉大熱海病院が、産婦人科の医師の継続的な確保が難しく…
  2. 2019-12-10

    熱海の新年彩る「まゆ玉」づくり 来宮神社で縁起物の準備始まる

    熱海市の来宮神社で正月の縁起物「まゆ玉」作りが最盛期を迎えている。まゆ玉は家庭や職場にまつることに…
  3. 2019-12-10

    湯川れい子さん訳詞の「ボヘミアン・ラプソディ」、氷川きよしさんが日本語カバー

    英国の伝説的ロックバンド・クイーンと独自のパイプを持ち、熱海を拠点に活躍する音楽評論家の湯川れい子…
  4. 2019-12-10

    【お悔やみ】仲森栄さん(熱海市和田町)12月8日死去

    仲森栄さん(なかもり・さかえ)12月8日死去、79歳。熱海市和田町。通夜12日午後6時。葬儀13日…
ページ上部へ戻る