熱海こがし祭り山車コンクール開幕 傘を手に3万2千の大観衆

今年で51回目を迎えた「熱海こがし祭り山車コンクール」が7月15日午後6時30分に始まった。市内東海岸町のお宮の松前の国道135線を歩行者用道路(歩行者天国)にして行われ、装飾の部19町内、木彫りの部13町内の計32基の山車が「装飾」「お囃子」「行列」でアイデアや芸術性、盛り上げなどを競った。細かい雨が断続的に降り続いたが、熱海人気と海の日の休日で3万2千人の傘を差した市民や観光客で賑わった。審査結果は16日朝に発表され、16日の最終日は凱旋パレードとなる。

(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る