厳しい暑さ収まり、花火見物に3万2千人 熱海サンビーチ、黒山の人だかり

遅い梅雨明け後、いきなり猛暑に突入した今年の夏。今夏は例年より花火観賞に訪れる人が少なめに推移していたが、厳しい暑さが収まり、8月23日の熱海海上花火大会には、首都圏などから3万2千人(主催者発表)が熱海湾に繰り出した。
打ち上げ前に親水公園イベント広場で開かれ「ゆかたで遊ぼ!」には、最強地下アイドルユニットで知られる「仮面女子」などがステージを飾り、若い世代の観客が続々…。海上花火大会が始まると、熱海サンビーチはご覧のような黒山の人だかり。涼しい浜風が吹く中、色とりどりの花火を楽しんだ。
夏季シリーズ最後となる次回の熱海海上花火大会(8月30日)は、年に1度の直径約60センチの2尺玉(20号玉)が打ち上げられ、直径500メートル大輪の花を咲かせる。
(熱海ネット新聞)
■観衆=3万2千人
■主催・熱海温泉ホテル旅館協同組合
■2019年(令和元年)熱海会場花火大会
春 3/31(日)・4/20(土)・5/11(土)・5/26(日)・6/16(日)・6/29(土)
夏 7/26(金)・7/30(火)・8/5(月)・8/8(木)・8/18(日)・8/23(金)・8/30(金)
秋 9/16(月・祝)
冬 12/8(日)・12/15(日)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-1

    日本で唯一無二 紅白梅とあたみ桜、モミジのコラボ 熱海梅園の紅葉

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレンジに染…
  2. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
  3. 2020-11-30

    熱海芸妓に公式マスコットキャラクター誕生! 愛称募集!

    熱海芸妓(げいぎ)の公式キャラクターデザインが誕生した。若い人たちや女性にも芸妓文化に親しみを持っ…
  4. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
ページ上部へ戻る